血糖値を下げるお茶!健茶王

健茶王(カルピス)は、食物繊維「難消化性デキストリン」が食後の急激な血糖値の上昇をゆるやかにしてくれるお茶です。
食物繊維「難消化性デキストリン」とは、とうもろこし由来の食物繊維なので安心です。

 

健王茶(カルピス)を調べて見ました。

健茶王に含まれる食物繊維(難消化性デキストリン)は、食事の糖質の吸収をおだやかにする作用があります。健茶王200gあたり6g以上の食物繊維が含まれており、食事と一緒に飲用すると、食後の血糖値の上昇をゆるやかにすることが、人での臨床試験により確認されています。

いつ、どのくらいの量を飲めばいいのか?
お茶なので、いつ飲んでもかまわないようです。
食事をすると急激に血糖値は上昇するので、食後血糖値の上昇を抑制するためには、食事と一緒に飲用することが必要らしいです。
食後血糖値の上昇を抑制するには、食事とともに健茶王をコップ一杯(200ml程度)飲用することが必要です。あたためて飲んでも、冷やして飲んでも血糖値に対する影響は同じです。

『難消化性デキストリン』は、『水溶性食物繊維』の一種で、血糖値上昇抑制の働きがあるといわれています。『難消化性デキストリン』の働きには、血糖値上昇抑制作用の他にも、整腸作用、コレステロール低下作用、中性脂肪低下作用が知られています。

健茶王は、食後の血糖値の上昇をゆるやかにしますが、空腹時の血糖値には影響しません。
また、血糖値が正常な方が飲用しても低血糖を招くことはありません。
ただし、糖尿病で薬を服用されている方や、低血糖により治療中の方は、医師にご相談のうえ飲用してくださいとのことです。

 

健茶王(カルピス)のご紹介。 ウーロン茶と緑茶があります。

★楽天で健茶王を探すときは、こちらをクリック★

カルピス 健茶王 280ml×24本

カルピス 健茶王 280ml×24本
価格:2,580円(税込、送料込)



このページの先頭へ