糖尿病とインフルエンザ

糖尿病だとわかったのは2005年12月でした。
糖尿病と気づいていなかった2005年11月に2回連続でインフルエンザにかかりました。
それまで、インフルエンザにかかった記憶がなかったのでインフルエンザワクチンは打っていませんでした。

熱が38度あり、関節が痛い。病院で診察を受けたらインフルエンザでした。
5日間会社を休み、なんとか治ったと思ったら、その10日後にまたインフルエンザになりました。
インフルエンザは1度かかると、同じインフルエンザにはかからないと思っていたので病院で聞くと、インフルエンザの型が違うということでした。
一度目のインフルエンザはA型で、2度目のインフルエンザはB型でした。

そのときは糖尿病になっているとは気づいていなかったので、なぜこんなにも体が弱くなっているのかわかりませんでした。
糖尿病の人は抵抗力が弱り、インフルエンザにもかかりやすいようです。
そのうえインフルエンザになると、体がインスリンを必要とするため血糖値が上昇するそうです。
その結果、血糖値のコントロールがうまくいかなくなり、悪化すると昏睡状態になることもあるそうです。
インフルエンザは合併症を発症することもあり、肺炎を起こしてしまうこともあります。
糖尿病の人は特に注意しなければならないので、今では毎年インフルエンザワクチンを打つようにしています。

2016年のインフルエンザの流行は、例年より早く始まっているようです。
昨年のインフルエンザの流行は、年が明けてからが本格的な流行でしたが、2016年は10月中旬ころからインフルエンザの感染者が出ているそうです。
基本的な予防方法である手洗い、うがいなどもしっかり行っていかないといけませんね。


糖尿病闘病記 ← 前ページ    次ページ → 糖尿病と歯周病



このページの先頭へ