糖尿病闘病記

糖尿病で2005年12月16日に入院し、2006年1月24日に退院。
血糖値419mg/dl。糖尿病と診断されてから10年経過しましたが、やっぱりいろいろとあります。
私が糖尿病になってから経験してきた糖尿病闘病記を書いていこうと思います。

疲れやすい

糖尿病で入院する前は、忙しいときに疲れやすく仕事中でも寝てしまっていました。
それが、退院してからは、もっとひどくなり忙しくなくても非常に眠くなります。
これには、すごく困っています。
なぜこのように眠くなるのか?原因ははっきりとわからないですが、軽い低血糖状態かなと思っています。
眠くなったときは、15分ほど眠ればシャキッとするのですが、仕事中なのでそううまくいきません。
仕事中に、どうしても眠いときは車の中で少し眠ることもあります。
軽い低血糖状態かなと思うのは、眠くなったときに菓子パンなどを食べると元気になることがあるからです。
でも毎回元気になるということでもないのです。
これから、いろいろとためしていき原因を探ろうと思います。

 

2006年6月 3度目の手術(歯の根元の治療)

糖尿病の症状で書きましたが、糖尿病と診断されてから歯の根元の治療をするために2回の手術を行いました。
退院後は、痛むこともなかったので、もう大丈夫と思っていたのですが、また強烈に痛みだしました。
痛みだした1日目は、歯の痛みと共に肩コリがひどくなりました。強烈な肩のコリかたでした。
3日間はガマンしていたのですが、「歯の根本が化膿したまま放っておくと、そのまわりの骨が影響を受けて骨も削らないといけない。」と、口腔外科の先生にいわれたことを思い出し、 あわてて病院にいきました。診察の結果は、手術して歯ぐきを切り開き、化膿した部分を取り除いたほうがいいとのことでした。
手術のときに歯の根本も少し削るため、これ以上は歯がもたないので、次に同じところが痛むようであれば歯を抜くことになる。といわれました。
糖尿病のため、バイキンに対する抵抗力が弱くなっているので、このような症状になりやすいようです。
私と同じように虫歯ではないのに歯が痛む(歯ぐきが痛む)場合は、ガマンせずに歯医者か、口腔外科に行ってください。(歯医者では処置できない場合が多く、口腔外科を紹介されることもあるようです。)
ガマンしていると、骨が腐ってきてしまうので、腐った骨を削らないといけなくなります。

 

2006年7月 尿管結石

これには驚きました。ビックリするぐらい痛いです。のたうちまわるぐらい痛みました。
実は、この病気は糖尿病の症状が良くなったために起こってしまったのです。
糖尿病とわかって食事制限をするようになってから、のどが渇かなくなり、水を飲む量が極端に減りました。
子供の頃から食事をするときには必ず飲み物が無ければ食事ができない状態だったのが、食事制限をするようになってから、飲み物なしで食事ができるようになりました。
普段も特に飲み物をほしいと思わないので少し水分を取るぐらいでした。
そうなると、水分が少ないので腎臓から尿となって流れる量が減り、腎臓で石ができやすくなってしまったようです。

最初は膀胱が痛くなり、3日間程オシッコをするときに膀胱が痛みました。
膀胱炎かな?と思っていたのですが、その痛みの原因は膀胱に石が流れてきたからだったのです。

次に背中が痛みだし、あれ?と思っていると、5分後には呼吸がまともにできなくなるほど背中が痛みました。
すぐに車を運転して病院に行きました。行こうとしていた病院ではなく、それよりも近い場所にあった病院に駆け込みました。痛すぎて車の運転がまともにできなくなったため、近くの病院に駆け込んだのです。

痛み止めの点滴を打ってもらいました。しかし、それでも痛みが止まらないので傷み止めの注射も打ちました。でも、背中の痛みが止まらず、うめき声をだしながら耐えていました。

1時間程して、痛みはほとんど止まったのですが、医者から言われたのは、「痛み止めの薬を出しますので、痛んだら飲んでください。痛くなったからといって病院に来てもらっても何もできませんから、薬を飲んだらあとは時間が解決してくれます。」

尿管結石は、痛みがひどく、痛んだときは薬も効かないらしいです。痛みのピークは30分ほどなので、その時間は耐えるしかないらしいです。
尿管結石の激痛の原因は、尿管に流れ出た石の向きによって尿道をふさいでしまい、腎臓が炎症を起こし背中が痛むらしいです。

それ以来、必ず水分を充分に摂るようにしています。
尿管結石は体質によって、なりやすい人、なりにくい人があるようです。
私と同じように、食事制限をしてから水分をとらなくなった方もいらっしゃると思いますが、水分補給は必ずするようにしてください。

 

2007年10月 やはり疲れが原因!

糖尿病になってから歯の根元が痛み、歯の根元の手術を3回してきていますが、その後も5回ほど歯の根元が痛みました。
これ以上、手術ばかりしていられないので、歯が痛みだしたらマッサージ機で2時間ほどマッサージをしたところ歯の痛みが消えました。
私の場合、疲れがたまると歯が痛みだすようです。
マッサージをすれば治ることがわかったので、普段から出来るだけマッサージをするようにしています。
糖尿病になってから疲れやすく、疲れているときに無理をすると体に影響がでるようです。
でも、解決方法がわかってよかったです。
みなさんも、出来るだけ疲れをためないよう気をつけてください。

 

2007年11月 疲れをとるのに最適!

やっと見つけました。疲れをとるのに最適なものを。
それは、ストレッチポールというものです。
大きさは15cm×98cm、低密度発砲ポリエチレンで、できているそうです。
このストレッチポールの上にあお向けに寝て、身体を脱力しながらゆっくりエクササイズを行うのですが、すごく気持ちいいです!
テレビで見てから気になっていたので、購入したのですが、本当に購入してよかったです。
購入してすぐに、ストレッチポールの上に15分ほど寝転がったところ、腰痛がとれて、肩こりが楽になりました。
ストレッチポールに寝転がった後、床に直接寝転がったら、体が床にズボーッと沈み込んでいく感覚になりました。
これはものすごく満足です。
わたしが購入したのは、ストレッチポールEXです。
今は、単身赴任なのですが、このストレッチポールを単身赴任先に持って行って毎日使っています。

2011年11月 もっとすごいのを見つけました。
クッション型のマッサージ機です。
テレビでも紹介されているのを何度か見ましたが、小さいので効かないだろうと思っていました。このマッサージ機は娘達からの誕生日プレゼントとしてもらったのですが、実際に使ってみて感激しました。
小さいので、身体のどこにでも使うことができます。肩や背中、腰、ふくらはぎなど、どこにでも使えます。
以前、ふくらはぎや足の裏をマッサージできるものを5万円で購入したのですが、あまり効かないので使わなくなりました。
5万円のマッサージ機より、このクッション型のマッサージ機の方がよっぽどいいです。
このクッション型マッサージ機はおすすめです。

 

2008年01月 血圧が…

今まで検査などで血圧が高いといわれたことはありませんでした。
しかし、昨年末に血圧を測ったところ158/108mmHg。


くり返し測定し最高血圧が140mmHg以上、または最低血圧が90mmHg以上であれば高血圧と診断されるようです。
血圧が上がったのは、糖尿病とは関係ないかもしれませんが、糖尿病患者は血圧にも注意しないといけないようです。
糖尿病や高血圧症の場合、動脈硬化を加速させることになり、脳梗塞や心筋梗塞など新たな病気を引き起こす要因となるようです。


高血圧になった原因は、食生活の乱れと、ビールの飲みすぎだと思います。
血糖値が、正常な範囲で落ち着いているので、気がゆるみ毎日ビールを3本のんでいます。
特に、単身赴任中なので、食事も乱れていました。


血圧測定器を購入しました。オムロンの上腕式です。1人で簡単に測定できます。
価格も安くて評判がよかったので、この血圧計にしました。
いろんな血圧計がありますが、血圧の測定は上腕で行うタイプが良いようです。
手首や指先で測定するタイプは測定値が変動しやすいそうです。


2011年06月20日 やっぱり血圧が…

3か月に1回の定期検診に行ってきました。
空腹時血糖値は、111mg/dl。
ヘモグロビンA1cは、6.1%。
血圧は、140/94mmHg。

このような数値だったのですが、医者から言われたのは
血糖値が高いですね。薬を飲んでこの数値は高いです。
それと、高血圧です。このままだと動脈硬化の危険が高いです。そろそろ血圧を下げる薬を飲まないといけないですね。
と、言われました。

糖尿病と、高血圧があれば、1+1=2ではなく、1+1=5ぐらいの数値で動脈硬化の危険性が高まるそうです。
でも、薬をたくさん飲むのがイヤなので、次の検診まで様子を見ることにしました。次の検診でも血圧が高ければ薬を飲むようにします。


年齢はもうすぐ49歳。血圧が高くなってくる年齢だそうです。
血圧を下げるためには、痩せる努力も必要だそうです。身長169cm、体重70kgです。5kgぐらいは痩せないといけない。
それと、タバコはやめたのですが、お酒は毎日飲んでいます。ビール2本(350ml)+ウイスキーロック1杯。お酒の量も減らさなければなりません。
なんとか頑張ってみます。

 

2011年08月05日 血圧が下がりません。糖尿病の薬が変更になりました。

高血圧の薬を服用することになりました。
少し驚くようなことがあれば心臓の鼓動が大きくなりドキドキします。自宅で血圧を測定したら180/105ありました。あまりにも高血圧なので病院に行きました。
病院で血圧を測定したら140/95ぐらいでした。
念のため1か月間だけ血圧を下げる薬を飲み、毎日、朝と夜の2回自宅で血圧測定し記録を残し病院に持っていくことになりました。
毎日血圧を測定する自信はありませんが、出来る限り忘れないよう測定しようと思います。


糖尿病の薬が変わりました。
今まではメルビンという薬だったのですが、メトグルコ250mgという薬に変わりました。
メルビンが廃止になったようです。
メトグルコ250mgを1回1粒、1日3回の服用です。

 

2011年10月06日 久しぶりに血糖値が下がりました。

8月に1か月間血圧を下げる薬を飲みながら、血圧を朝・夜と測定し記録していました。その記録を持って診察にいきました。
夜は、少し血圧が低くなるのですが、朝は平均140/90ぐらいでした。血圧を下げる薬を飲んでいるにもかかわらず、この血圧は高すぎるそうです。糖尿病患者の理想血圧は130/80までだそうです。
結局、血圧を下げる薬も飲み続けることになりました。
血糖値の測定も、してもらいました。食後4時間の測定値で血糖値96mg/dl、ヘモグロビンA1Cが5.8でした。
久しぶりに血糖値が100を切りました。うれしかったです。

 

2011年11月06日 本当に死ぬかと思いました…

会社の宴会があり、調子に乗って飲みすぎました。
生ビール・中ジョッキ5杯、そして紹興酒を4杯ほど。
飲んでいるときは、なんともなかったのですが、帰り道、ゆっくり歩いていると急に胸が苦しくなりました。
こんなに胸が苦しくなるのは初めてです。
歩くことが出来ないくらい苦しいのです。どうすることもできずに、その場で20分ほど立ったままじっとしていました。
繁華街だったので人が多く、苦しくても座るのがはずかしくて、立ったまま耐えていました。
そのとき生まれて初めて、死ぬかもしれないと思いました。こうやって人は死んでいくのか。と思いました。

20分ほど耐えていると、胸の苦しさが治まってきてなんとか歩ける状態になりました。
心筋梗塞かもしれない。そう思ったので翌日大きな病院に行き検査をしてもらいました。
結果は、心筋梗塞ではないということでした。
心筋梗塞なら、検査をすればわかるそうです。
胸が苦しくなった原因は検査ではわかりませんでした。苦しい状態のときに病院に行ってください。と医師に言われました。

このような状態になったのは、糖尿病+高血圧が原因だと思います。そんな状態なのに、調子に乗って飲みすぎるからです。
死ななくて良かったです。反省します…

※ この原因がわかりました。急性膵炎(すいえん)でした。
2013年6月に、尋常ではない腹部の痛みに苦しみ、糖尿病で入院した病院で検査を受けたところ急性膵炎であるのがわかりました。
1ヶ月間入院しました。
上記の胸の苦しみと書いているのは「みぞおち」の部分です。
膵炎は、通常の血液検査では項目が少なくてわからないようです。
膵炎を判断するのは、血清アミラーゼという項目のようです。

 

2011年12月25日 またやってしまいました…

朝から体調が悪い気がして、久しぶりに血圧を測ってみました。
185/115mmHg。すごく血圧が高くなっています。
今は、朝に1錠の血圧降下剤(ディオパン80mg)を飲んでいます。一番ゆるい薬らしいので、しばらく様子をみて血圧が高い状態であれば、病院へ行って医師に相談します。


1週間ほど前にお酒を飲みにいったときに、また倒れる寸前の状態になりました。
生ビールを中ジョッキ5杯飲んで、話をしていると急に背中が痛くなり息が苦しくなってきました。
久しぶりに会った知人と楽しく飲んでいる最中なので「苦しい!」と言うことも出来ず、もうだめかもしれない、このままでは倒れてしまうと感じていたのですが、なんとか元の状態に戻りました。顔が青くなり唇が紫色になっていたそうです。

前回の反省がまったく生かされておりません。このままでは、いつか倒れるか糖尿病合併症になると思います。
忘年会、新年会の季節なので、飲みすぎないよう気をつけます。

※ この原因も急性膵炎(すいえん)でした。


2012年7月25日 胸の中でバイブレーターが…。

携帯電話のバイブレーターが鳴ったと思い、胸ポケットに入れている携帯電話を見ても着信がありません。
これを数分間の間に何度も繰り返していました。おかしいので、携帯電話を胸ポケットから取り出して別の場所に置いてみました。
胸ポケットには何も入っていないのに、バイブレーターのような振動を感じます。
心臓がバイブレーターのように動いている?
もしかして危ない状態なのかと思い、インターネットで調べました。


インターネットで調べたところ不整脈の可能性があるようです。でもすぐに治ることもあるそうです。
最近疲れがたまっていたので、この日は早めに寝ました。
すると次の日にはバイブレーターのような振動を感じなくなっていました。

高血圧なので、やはり体調には気をつけなければいけません。

 

2012年9月12日 疲れやすかった体がビタミンBで回復!

このページの一番最初に「疲れやすい」と書きました。
血糖値が高いときは、間違いなくそれが原因で疲れやすかったのですが、血糖値が下がってからも疲れやすい状態が続いていました。

この6年間は、昼間も体がだるく眠くなります。
この原因は、糖尿病なのか、それともイビキで無呼吸症候群なのかと、ずっと悩んでいました。

先日、知人に「疲れやすくて…」と相談したところ「ビタミン不足なのでは?ビタミンBを飲んでみたら?」とアドバイスを受け、薬局でDHCの健康食品【ビタミンBミックス】というのを買いました。20日分で200円程でした。

DHCの説明書には1日2錠程度と書かれており、2錠飲んだのですが体調が良くなる時とならないときがあったので、毎食後に1錠ずつ1日3錠飲んだところ、はっきりと感じるくらい疲れが少なくなりました。昼間に眠くなるのがなくなりました。

かなり体調が良くなったので、すごくうれしいです! 
でも、この方法はすべての糖尿病患者の方に効果があるとは思えないので、掲載するかどうか迷ったのですが、今までずっと悩んでいた体調が良くなったので参考として掲載しました。

ビタミンBは、脳や神経、皮膚などの健康を保つビタミンだそうです。
ビタミンBはエネルギーの補給を助ける働きもあり、疲れが残りにくくなるようです。
ビタミンB群を積極的に摂ることによりストレスに負けない強い身体を作ってくれるようです。

2017年11月にテレビで「血管の老化を止める」というので、ビタミンB6、B12、葉酸を同時に摂取することにより、「血管の老化を防止する可能性がある」というのをやっていました。
私が飲んでいるDHCの健康食品【ビタミンBミックス】にも、その3つのビタミンBが含まれているので安心しました。
テレビでは、3つのビタミンBをバランスよく含む食品として「レバー」、「海苔(のり)」を推奨されていました。

2016年7月26日 緑膿菌

爪をケガしました。ネジの山の部分が出ていて、それに指をぶつけてしまい、指と爪の間にネジの山の部分が食い込みケガをしました。
爪の3分の1が、はがれて浮いてきました。
それだけなら時間がたてば治ると思っていたのですが、ケガをしてから1週間が経過した頃に爪の根元が緑色になってきました。

最初は草か何かの色が付着しただけと思っていたのですが、よく見ると違うようです。
インターネットで「爪 緑色」で検索して、「緑膿菌」だということがわかりました。
実際のケガの状況がこの写真です。
爪の根元が緑色に。緑膿菌でした。

「緑膿菌」は健常者にはあまり見られず、免疫力が低下しているときに感染しやすいようです。
緑膿菌が傷口から体内に入り込み、角膜炎、外耳炎、肺炎、敗血症などさまざまな病気を引き起こす可能性もあり、緑膿菌敗血症での致死率は80%だそうです。

わたしは糖尿病の血糖値の数値が、そんなに悪いわけではないので、免疫力も健常者と変わらないと思っていましたので免疫力が低下しているときに感染しやすいというのがショックでした。
やはり糖尿病が原因だと思い、すぐに皮膚科に行ってきました。

皮膚科の医師に診ていただいたところ、「爪の奥は化膿しやすいので、糖尿病だからとそんなに心配しなくても大丈夫です。この程度なら、爪を切り取らずにそのまま治療すれば治ると思います。足の爪でなくて良かったですね。」と言われました。

皮膚科の医師に、「今は、血糖値が落ち着いた数値だとしても、糖尿病と気づいたときの血糖値は悪かったでしょ。そのときに血管などが傷ついているので、一度傷ついた血管などは元に戻らないのです。手よりは足の方が血流が悪いので糖尿病の方は特に足などにケガをしないように気を付けるほうがよいです。」と言われました。

今回の件で血糖値が落ち着いた状態でも、気を付けて生活しないといけないということがわかってよかったなと思いました。
以前の血糖値が高い時期に体が受けた影響は消えることがないということを忘れずに生活していかないといけませんね。


糖尿病は完治しない病気。といわれていますが、本当にいろいろとあるなと感じています。
年齢をかさねればかさねるほど、体調の調整が難しくなってきました。
これからも、いろいろとあるとは思いますが、いつか完治するときが来ると信じて、負けずに頑張ろうと思います。
この糖尿病闘病記は、これからも更新していきます。


自宅で簡単に糖尿病の検査ができます。

糖尿病かな?と思っている方は、早めの検査をおすすめします。手遅れになる前に!
↓   ↓   ↓
自分でできる郵送検診キット お医者さんに行く前の 糖尿病検診申込セット(1コ入)【自分でできる郵送検診キット】【送料無料】

ヘモグロビンA1c(HbA1c) ← 前ページ    次ページ → 糖尿病とインフルエンザ



このページの先頭へ